STAFF BLOG

シクロデキストリン(CyD)の安定化効果について!(第2弾)

2021.6.10

こんにちは。副社長の石橋です。
本日はβ-CyDによるヌートカトン(NO)の安定性の向上について紹介させていただきます!

 

ヌートカトン(NO)は柑橘類などのさまざまな精油に含まれるグレープフルーツのような香りの成分で、ダニ、蚊、シロアリ、ナンキンムシに対して虫除けや殺虫活性を持っています。

しかしヌートカノン(NO)は溶解性が非常に低く光に弱いので非常に扱いにくい成分です。

そこでCyDの出番です!

β-CyDとヌートカノン(NO)で複合体を形成させてあげることで紫外線による分解を抑制することが出来ます。※紫外線を1時間与えた後のヌートカノン(NO)の残存割合はβ-CyD:ヌートカノン(NO)=5:1で配合するとβ-CyDを添加していないものに比べて約9倍量のヌートカノン(NO)が残っています(グラフ)

β-CyDはヌートカノン(NO)を光から保護し、農薬などに応用できる可能性を広げることが出来ます。

 

シクロデキストリンを用いることで不安定な成分を安定化させることで様々な分野に応用出来るようになるかもしれません!!

現在サイディンでは不安定な成分の安定化試験を受託サービスとして実施しております。
不安定な成分を御持ちの方で製品へ応用したい方はぜひお声かけ下さい!

今後もシクロデキストリンの機能についてやサイディンでの日常について更新してい
きますので、どうぞよろしくお願いします!

【問い合わせ先】

株式会社サイディン

Email:cyd@cyding.jp

TEL:096-371-4862

 20210610ブロググラフ.png

 

 

※Miriana Kfoury et.al Food Chemistry, 12 236, 41-48 (2017)より引用、一部改変

調”身”料®️「ドンマイン」の販売場所について

2021.6.9

こんにちは。社長の弘津です。

本日は、調”身”料®️「ドンマイン」の販売場所についてお知らせします!(最新情報はコチラ!!)

自社ホームページでの販売もしておりますが (https://cyding.thebase.in/)、一部のお店でも取り扱っていただいてます。 (現時点で実際に店頭に並べていただいているのはまだ1店舗のみですが。。)

スーパーストアダイノブさん (https://www.dainobu.com/) です!

ダイノブさんは、店内に食パン専門店があったり、コストコ商品コーナーがあったり、生産者直売コーナーがあったりととてもユニークなスーパーです。

今後、健康食品コーナーも充実させていくとのことで、置いてもらいました!

ダイノブ1.jpeg

おもしろいスーパーですので、ぜひ足を運ばれてみてください。(そしてドンマインも購入してください。)

薬局での販売も続々と決まってきているので、後日報告させていただきます!

引き続きよろしくお願いします!

シクロデキストリン(CyD)の安定化効果について!

2021.6.8

こんにちは。副社長の石橋です。
本日はβ-CyDによるリコピンの安定性及び抗酸化作用の向上について紹介させていただきます!

 

リコピンはトマトなどに含まれていることで有名ですが、他にもスイカや柿にも含まれていることが知られており、このリコピンには抗酸化(酸化を抑える)作用があり、健康に良いとされています。

人体における酸化とは老化の進行やシミ・シワ、肌荒れ、動脈硬化に関与していると報告されています。

しかしリコピンは光や熱などに弱く直ぐに活性を失います。

そこでCyDの出番です!

β-CyDとリコピンで複合体を形成させてあげることで抗酸化作用の向上がみられています。(グラフ)

β-CyDはリコピンと複合体を形成することで光や熱から保護し、リコピンの抗酸化作用を向上させることが報告されています。

 

シクロデキストリンを用いることで不安定な成分を安定化させることで効果を向上させることができるかもしれません!

現在サイディンでは不安定な成分の安定化試験を受託サービスとして実施しております。
不安定な成分を御持ちの方で製品へ応用したい方はぜひお声かけ下さい!

今後もシクロデキストリンの機能についてやサイディンでの日常について更新してい
きますので、どうぞよろしくお願いします!

【問い合わせ先】

株式会社サイディン

Email:cyd@cyding.jp

TEL:096-371-4862

グラフ.png

※Haixiang Wang et.al Antioxidants, 8, 14, (2019)より引用

体重減少やコレステロール低減にも影響する!

2021.6.7

こんにちは。社長の弘津です。

古い論文ですが、シクロデキストリンの食品としての機能をヒト臨床試験により検証した結果です。

健康な成人男女 (28名) が2グループに分かれ、1グループは、朝昼晩の食事後に2gのシクロデキストリン錠剤を30日間、次の30日間では3回の食事後にプラセボ (セルロース) を摂取しました。もう1グループを最初の30日間で食事後にセルロースを摂食、次の30日間でシクロデキストリンを摂取するという方法で実験は行われました。(クロスオーバ試験と呼ばれています。)

データは一部抜粋していますが、体重やコレステロールにおいて、セルロース摂食期間 (シクロデキストリンを食べていない期間) 後の値と比較すると、シクロデキストリン摂食期間後の値が有意に減少していることが報告されています。
善玉コレステロール (HDL-C) もわずかに減少しますが、悪玉コレステロール (LDL-C) で減少が顕著であることもシクロデキストリンの可能性を感じます。

弊社でも副社長が1年間シクロデキストリンを飲み続け、体重が10%減少したというデータを取得しましたが、
(元々の体型もあり、説得力にかけましたが、)
科学的にもしっかりと証明されています。

調”身”料®️「ドンマイン」継続的にご使用ください!

体重&コレステロール.png

仙人と仲間たち

2021.6.4

こんにちは。社長の弘津です。
本日は日常の一部を紹介します。

シクロデキストリン界の仙人こと弊社取締役の服部が、熊本大学薬学部の学生および研究員に合成指導をしている様子です。

iOS の画像 (16).jpg

服部取締役は、東京大学卒業後、ノースウエスタン大学への留学を経て、東京工芸大学で教授を務めていました。
その間、シクロデキストリン学会の第5代会長への就任や多数の文献・著書の執筆などを通して、シクロデキストリン界を盛り上げてまいりました。
2019年より弊社取締役に就任し、シクロデキストリン誘導体合成の大家として様々な物質の合成を手掛けています。
現在は革新的な抗がん剤の開発を目指しつつ、後進の指導にも取り組んでいます。
(実はすごい人なんです。)

合成指導をご希望される方はぜひご連絡ください。

【問い合わせ先】
株式会社サイディン
Email:cyd@cyding.jp
TEL:096-371-4862

可溶化試験の実施

2021.6.3

こんにちは。副社長の石橋です。
本日医学教育部 資源開発分野 修士1年 サイエンスコミュニケーターの前田君と一緒に
シクロデキストリンを用いた可溶化試験を行ないました。
前田君は「サイエンスを学びたい人が、サイエンスを学べる場所に繋がれる環境が少ない」
現状を課題として考え「サイエンスを行なう者と、サイエンスを学びたい人が、共にサイエ
ンスを共創していく社会」を目指して日々活動されています!
シクロデキストリンを用いることで水に溶けにくい成分を容易に溶かすことが出来、
難溶性成分を様々な製品に応用することが出来ます!現在サイディンでは難溶性成分
の可溶化試験を受託サービスとして実施しております。
難溶性成分を御持ちの方で製品へ応用したい方はぜひお声かけ下さい!

今後もシクロデキストリンの機能についてやサイディンでの日常について更新してい
きますので、どうぞよろしくお願いします!
20210603可溶化試験2.jpg
20210603可溶化試験1.jpg

シクロデキストリンにより血糖値スパイクを抑制する可能性あり!

2021.6.2

こんにちは。社長の弘津です。

紆余曲折ありながらも調”身”料®︎「ドンマイン」の販売が開始されたので、1年半程止まっていたブログ更新も再スタートしていきます!

今回は、調”身”料®︎「ドンマイン」に含有しているシクロデキストリンの血糖値に及ぼす影響を検討した以前の結果を報告します。
高脂肪食と水を摂取した群 (グラフの青四角) では、摂取直後に急激な血糖値上昇 (血糖値スパイク) が観察されましたが、シクロデキストリンを同時に摂取した群 (グラフの黄丸) では、その上昇を抑制しました。

血糖値スパイクは、頭痛の原因や認知症・がんのリスクを高める可能性もあると言われているので、それをシクロデキストリンで回避できるかもしれないですね!

今後もシクロデキストリンの機能についてやサイディンでの日常について更新していきますので、どうぞよろしくお願いします!

血糖値.png

シクロデキストリン(CyD)の機能性素材、化粧品素材の安定化第7弾! 「リノール酸(ビタミンF)の安定性の改善」

2019.12.12

シクロデキストリン(CyD)の機能性素材、化粧品素材の安定化第7弾!
「リノール酸(ビタミンF)の安定性の改善」
 リノール酸、アラキドン酸、γ-リノレン酸などのω6系不飽和脂肪酸やα-リノレン酸、ドコサヘキサエン酸(DHA)、エイコサペンタエン酸(EPA)などのω3系不飽和脂肪酸など、どれも体に必須の脂肪酸として食品分野で広く利用されています。これらの脂肪酸は、空気中の酸素によって過酸化物へ変換されやすく、酸化によって味・においや安定性に悪影響を及ぼします。 このような理由から、CDによる安定化が求められていました。

今回はリノール酸のCyD包接による安定性の改善効果(グラフ)について紹介したいと思います。

 リノール酸の安定化には、CyDの中でα-CyDがもっとも有効であることが報告されておりそのリノール酸に対してα-CyDを1~4当量用いて包接複合体を作製し、空気中45℃の条件下で、リノール酸の安定性を評価したものでほぼ完全にリノール酸が安定化できることが示されています。

またリノール酸はビタミンFとして生理活性物質エイコサノイド合成の必須成分でありますがある研究でメラニン生成抑制作用(シミ改善、美白効果)も明らかになっております。

参考資料:シクロデキストリンの応用科学

シクロデキストリン不安定な機能性成分を安定化させたいと考えられている方は下記の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい!!弊社にてその成分に最適なCyDの選定試験を実施いたします。
http://www.cyding.jp/
今回はリノール酸の安定性の改善ついて紹介させていただきました。引き続きシクロデキストリン(CyD)の役割について紹介したいと思います!

リノール酸CyD包接体熱安定性.png

シクロデキストリン(CyD)の機能性素材、化粧品素材の安定化第6弾!

2019.12.5

シクロデキストリン(CyD)の機能性素材、化粧品素材の安定化第6弾!
「ファルネゾール(イソプレノイド)の安定性の改善」
 ファルネゾールをはじめ、スクアレン、ビタミンK2、コエンザイムQ10、モノテルペン類、セスキテルペン、ジテルペン類などのさまざまなイソプレノイド骨格を有する薬理活性物質が食品や化粧品の機能性素材として利用されています。いずれもメバロン酸から生合成される天然物でありますが、イソプレノイド骨格は安定ではなく、そのイソプレノイドからの分解生成物が安全とはかぎりません。酸や酸素と光により発生するヒドロキシラジカルが触媒となり、ある条件下ではトランス体から非天然体のシス体への平衡反応も進行します。さらにイソプレノイドの場合には、この反応はごく一部に過ぎず、酸化反応による過酸化物質や酸化分解物の形成など、多くの安全に対する問題があります。コエンザイムQ10を配合したというだけでは、健康食品として健康に配慮したとはいえず、安定化させて始めていえるのではないかと考えられます。

今回はイソプレノイド類の1つであるファルネゾールのCyD包接による安定性の改善効果(グラフ)について紹介したいと思います。

 γ-CyDに包接されたファルネゾールとγ-CyDに包接させずにただ混合したものを50℃にて保存を行なった結果、γ-CyDとファルネゾールをただ混合したものは100日後において含有率が2%程度に減少していたが、γ-CyDで包接したファルネゾールは100日後の含有率は10%だった。

以上よりファルネゾールはγ-CyDと包接体を形成することで安定性を向上させることが報告されています。

参考資料:シクロデキストリンの応用科学

シクロデキストリン不安定な機能性成分を安定化させたいと考えられている方は下記の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい!!弊社にてその成分に最適なCyDの選定試験を実施いたします。
http://www.cyding.jp/
今回はファルネゾールの安定性の改善ついて紹介させていただきました。引き続きシクロデキストリン(CyD)の役割について紹介したいと思います!

ファルネゾールのCyDによる安定化.png

シクロデキストリン(CyD)の機能性素材、化粧品素材の安定化第5弾!

2019.11.26

「メナキノン(ビタミンK2)の安定性の改善」
 メナキノン(ビタミンK2)は納豆以外の食品にほとんど含まれていないビタミンで、カルシウムが腸管から吸収された後、骨に運ばれる際に重要な働きをすることが明らかになり一時期すごく注目された成分です。

ビタミンK2は太陽光が当たる条件やアルカリ条件下で不安定であること、そして脂溶性物質であることから、体内吸収率が極端に低いことが知られています。

今回はビタミンK2のCyD包接による安定性の改善効果(グラフ)について紹介したいと思います。

 γ-CyDに包接されたビタミンK2は1000ルクスの光照射下で2週間後も10%の残存率を示した。ビタミンK2はγ-CyDに包接させることで、安定性が向上することが報告されています。

参考資料:シクロデキストリンの応用科学

納豆を食べる際にγ-CyDも同時に摂取することで。ビタミンK2の安定性を向上させ吸収率を上げることが出来るかもしれません(※実際に検討は行なっていませんので参考までに、、)

シクロデキストリン不安定な機能性成分を安定化させたいと考えられている方は下記の問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせ下さい!!弊社にてその成分に最適なCyDの選定試験を実施いたします。
http://www.cyding.jp/

ビタミンK2のCyDによる安定性向上 (グラフ).png
今回はメナキノンK2の安定性の改善ついて紹介させていただきました。引き続きシクロデキストリン(CyD)の役割について紹介したいと思います!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 12
Verified by MonsterInsights