STAFF BLOG

配位高分子ゲルを用いたホスト-ゲスト相互作用の段階的制御

2018.6.4

人工的なシステムでは、生物学的プロセスに見られるようなホスト-ゲスト相互作用の正確な制御は困難である。本論文では、ホスト分子としての配位ポリマーと刺激としての温度による平衡状態系の熱力学的特性を利用することにより、マグネシウム配位高分子(ホスト)からのシクロデキストリン(ゲスト)の段階的放出やホストへの取込みが制御可能であることが見出された。人工のホスト-ゲスト相互作用に対して温度は精密な刺激とならないため、本システムは温度によって制御可能な自然なホスト-ゲスト相互作用を明瞭に示すプロトタイプである。本配位高分子ホストシステムは、ヒドロゲルマトリックスに組み込まれると、擬固体状態の中で温度変化に応答してα-シクロデキストリンの段階的放出を容易にする微小環境を提供する。このように本研究は、シクロデキストリンなどの分光学的にサイレントな分子の熱感受性放出制御やモニタリングへの道を開く可能性を示すものd。

参考論文

Stepwise control of host-guest interaction using a coordination polymer gel.

Mukhopadhyay RD 1, Das G 1, Ajayaghosh A 2.

1 Photosciences and Photonics Section, Chemical Sciences and Technology Division and Academy of Scientific and Innovative Research (AcSIR), CSIR-National Institute for Interdisciplinary Science and Technology (CSIR-NIIST), Thiruvananthapuram, 695019, India.

2 Photosciences and Photonics Section, Chemical Sciences and Technology Division and Academy of Scientific and Innovative Research (AcSIR), CSIR-National Institute for Interdisciplinary Science and Technology (CSIR-NIIST), Thiruvananthapuram, 695019, India.

Nature Commun., 9(1), 1987 (2018).

Current Impact Factor of 12.124 ((2017 Journal Citation Reports)

Verified by MonsterInsights