STAFF BLOG

標的送達および併用化学療法のための自己組織化超分子のナノ粒子

2018.7.25

イメージング剤と小分子治療薬を診断と治療のために1つのナノ単位に混合することは困難であるが重要である。ここでは、3つの要素の間のホスト – ゲスト相互作用によって形成される標的送達および併用化学療法のためのポリマーナノ粒子を作製した。(1)ナノ粒子骨格としてのβシクロデキストリンポリマー(2)2つの抗腫瘍薬であるドキソルビシンとドセタキセル(3)認識要素として、アダマンタンおよびフルオレセイン(Ad-aptamer-FAM)で標識されたアプタマー。最初に、SSNP(自己組織化超分子ナノ粒子)と呼ばれるポリマーナノ粒子は、ホスト – ゲスト相互作用を介して疎水性のDTXとDOXをポリ-β-シクロデキストリンに組み合わせることによって調製された。次に、SSNPの表面は標的能力を獲得するためにアプタマーを修飾した、そのようなナノ粒子はT-SSNP(標的自己組織化超分子ナノ粒子)と呼ばれた。MTSアッセイによって、T-SSNPは標的細胞に対して有意な選択的細胞傷害性を示しめすことが証明された。また結果として、併用薬物が0.43の併用指数(CI)と良好な相乗効果を有することも示した。このように、標的送達および併用化学療法のための有効で単一な薬物送達システムが構築された。
参考論文
Self-assembled supramolecular nanoparticles for targeted delivery and combination chemotherapy.
Li B1, Feng Z2, He L2, Li W2, Wang Q2, Liu J2, Huang J2, Zheng Y2, Ma Y2, Yang X2, Wang K3.
1 CHILE.
2 CHINA.
3 College of Chemistry and Chemical Engineering, Hunan University, State Key Laboratory of Chemo/Biosensing and Chemometrics, Lushan south road, 410082, Changsha, CHINA.
ChemMedChem. 2018 Jul 19
Current Impact Factor of 2.71

Verified by MonsterInsights