STAFF BLOG

グルコースとグルコースの間にメチル基が入った環状オリゴ糖

2018.7.20

シクロデキストリンは、グルコースが 68 個、α-1,4 グリコシド結合で環状に連なった構造を有するが、Samanta らは、グリコシド結合間にメチル基を有する直鎖状 5 糖を環状化し、新規ホスト分子を合成した。得られた環状オリゴ糖の構成糖は 5 つであるものの、グルコース間にメチル基が存在する分、空洞が広くなり、また、楕円型となった。本環状オリゴ糖は、アダマンタンアミン 2 分子と 1:2 の複合体を形成し、その安定度定数は 10,500/M と高値を示した。本研究は、新規環状オリゴ糖を創出する上で、有益であろう。

 

参考論文

Glycosidic Bond Expanded Cyclic Oligosaccharides: Synthesis and Host-Guest Binding Property of a Cyclic Pentasaccharide.

Gopal Ch Samanta et al.

Department of Organic Chemistry, Indian Institute of Science, India

ACS Omega, 3, 7466-7473 (2018).

Verified by MonsterInsights