STAFF BLOG

シクロデキストリンを切り裂く方法

2018.7.13

シクロデキストリンの環構造を切断すると、直鎖状のオリゴ糖が得られる。これは、単一のオリゴ糖を容易に調製する上で有用である。また、シクロデキストリン研究において、環構造の重要性を明らかにする際のコントロールとして、直鎖状オリゴ糖を用いることも有益である。Ishida らは、メチルαシクロデキストリン、メチルβシクロデキストリンあるいはメチルγシクロデキストリンを 30% 過塩素酸水溶液で処理し、環構造を切断させた。また、その反応時間と切断効率を詳細に検討し、最適条件を見出した。本検討で得られたシクロデキストリン開環の最適条件により、高効率な環切断が可能になるものと考えられる。

 

参考論文

Efficient Cleavage of Permethylated Cyclodextrins.

Yuki Ishida et al.

Department of Applied Chemistry, Osaka University, Japan

ACS Omega, 3, 6279-6282 (2018).

Verified by MonsterInsights