STAFF BLOG

出血性ショックのラットモデルにおけるD-β-ヒドロキシ酪酸塩とメラトニンの新規製剤処方の評価

2018.7.3

D-β-ヒドロキシ酪酸塩とメラトニン(BHB/MLT)の点滴剤は、出血性ショックモデルの生存率を向上させる。従来のBHB/MLT製剤はメラトニンの溶解性を増加させるためにDMSOを含んでいる。そこで、筆者らは、DMSO中のBHB/MLT溶液を10%ポリビニルピロリドン(BHB/MLT/PVP)もしくは5%ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン/2.5%PVP/2.5%ポリエチレングリコール400(BHB/MLT/CD)に置換し、最適な処方を検討した。出血性ショックモデルのラットにそれぞれ急速投与したところ、BHB/MLT/CD投与群の生存率が最も延長した。以上のことから、BHB/MLT/CDの構成は、出血性ショックの治療ににおいて有望な候補になり得る。

 

参考文献

Evaluation of novel formulations of d-β-hydroxybutyrate and melatonin in a rat model of hemorrhagic shock

A. Wolf1, S. Thakral2, K. Mulier3, R. Suryanarayanan2, G. J. Beilman3

aDepartment of Surgery, University of Minnesota, Minneapolis, MN 55455, USA

bDepartment of Pharmaceutics, University of Minnesota, Minneapolis, MN 55455, USA

Int. J. Pharm. 548, 104-112 (2018).

Current Impact Factor of 3.862 (2017 Journal Citation Reports)

Verified by MonsterInsights