STAFF BLOG

シクロデキストリン(CyD)による揮発性低分子の粉末安定化(第一弾)!

2021.7.20

こんにちは。副社長の石橋です。

各種CyDは有機分子に対して強い包接能を持つため様々な揮発性低分子の粉末安定化に利用されています。今回は低級アルコールの粉末安定化について紹介いたします。

 

 

α-CyDはアルコールの炭素数が2個ないしは3個の低級アルコールに対して他のβやγよりも結合能力が強いことが知られています。

低級アルコール.png

 

粉末アルコール商品の開発は今後アルコール類の運搬が楽になったり(溶液ではなく粉末で運ぶことで重量を減らすことができる)、新たなお酒の利用方法(入浴剤など)を提供できるのではないでしょうか。

 

まだ自分は粉末アルコールを利用したことがないのでぜひ利用してみたいです。

 

今回はアルコールの粉末化に関して紹介しましたが次回はガスなどの粉末化について紹介したいと思います。

 

 

 

粉末化したいお酒などをお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひご連絡下さい。

 

CyDの力で新たな商品の開発を行いたいと思います!

 

今後もシクロデキストリンの機能についてやサイディンでの日常について更新してい

きますので、どうぞよろしくお願いします!

 

【問い合わせ先】

 

株式会社サイディン

 

Email:cyd@cyding.jp

 

TEL:096-371-4862

参考:食品開発者のためのシクロデキストリン入門

Verified by MonsterInsights