STAFF BLOG

シクロデキストリン(CyD)による香気成分の安定化!

2021.7.13

こんにちは。副社長の石橋です。
本日は香気成分の安定化について紹介させていただきます。

レモンなどに含まれるシトラールは爽やかな匂いが特徴で、様々な製品に利用されています。

しかしながらシトラールは熱や紫外線に弱く直ぐに分解されてしまいます。

CyDを用いることでシトラールを安定化させることができるか、検討が行なわれています。

 シトラール残存率グラフ.png

その結果β-CyDとシトラールは包接複合体を形成することで、熱や紫外線からのダメージ(分解)を抑制することが報告されています。

  今回の検討の他にもレモン由来の香料であるリモネンでも同様な検討が行なわれており(リモネンの場合はβ-CyDではなくγ-CyDによって安定化されている)、CyDによって様々な香気成分が安定化されることが報告されています。

 

洗濯後の柔軟剤などの匂い成分にCyDを用いて成分を安定化させることで、香りを長持ちさせることが出来るかもしれません!

 

今後もシクロデキストリンの機能についてやサイディンでの日常について更新してい

きますので、どうぞよろしくお願いします!

 

【問い合わせ先】

 

株式会社サイディン

 

Email:cyd@cyding.jp

 

TEL:096-371-4862

参考:食品開発者のためのシクロデキストリン入門

Verified by MonsterInsights