STAFF BLOG

コナガに対するアベルメクチンの殺虫活性を増強するための、シクロデキストリン固着中空メソポーラスシリカに基づくα-アミラーゼ誘発担体

2018.8.1

キャッピング分子としてα-CDを用いたα-シクロデキストリン(α-CD)固定中空メソポーラスシリカ(HMS)に基づいて、アベルメクチン(AVM)の制御放出用のα-アミラーゼ誘発担体を調製した。 異なる温度、pH、およびα-アミラーゼの存在下または非存在下でAVMの放出について調べた。その結果、AVMカプセル化制御放出製剤(AVM-CRF)は、劇的な酵素依存性やカプセル化効率が38%に達し、堅調なUVおよび熱遮蔽能力を有することが明らかになった。 AVM-CRFの生物活性調査は、コナガ幼虫に対する優れた毒性学的特性を示し、これはα-CDキャップがin vivoで酵素的にキャップされず、AVMを放出し、コナガ幼虫の死を誘導することを確認した。 AVM-CRFは、83.33%の死亡率を伴って14日目まで0.6mg/LのAVMを生物学的活性を保っていた、これはAVM市販製剤で処理したものよりも40%高かった。この試験は、農薬の減量適用の理論的基礎を提供する。
参考論文
α-Amylase triggered carriers based on cyclodextrin anchored hollow mesoporous silica for enhancing insecticidal activity of avermectin against Plutella xylostella
Kaziem AE1, Gao Y2, Zhang Y2, Qin X2, Xiao Y2, Zhang Y2, You H2, Li J2, He S3.
1 Hubei Insect Resources Utilization and Sustainable Pest Management Key Laboratory, College of Plant Science and Technology, Huazhong Agricultural University, Wuhan 430070, China; Department of Environmental Agricultural Science, Institute of Environmental Studies and Research, Ain Shams University, Cairo 11566, Egypt.
2 Hubei Insect Resources Utilization and Sustainable Pest Management Key Laboratory, College of Plant Science and Technology, Huazhong Agricultural University, Wuhan 430070, China.
3 Hubei Insect Resources Utilization and Sustainable Pest Management Key Laboratory, College of Plant Science and Technology, Huazhong Agricultural University, Wuhan 430070, China. Electronic address: heshun@mail.hzau.edu.cn.
J Hazard Mater. 2018 Jul 20
Current Impact Factor of 6.065

Verified by MonsterInsights