STAFF BLOG

β-シクロデキストリンに基づく選択的かつ再生可能な表面は低密度リポタンパク質吸着に利用される。

2018.6.27

シクロデキストリン(CD)は、環状オリゴ糖の一種であり、その独特な親水性の外表面および親油性の中央空洞は、多相互作用を介して、コレステロールおよびリン脂質などの様々な生体分子との包接複合体の形成を促進する。低密度リポタンパク質(LDL)は、血流中のコレステロールの主要なキャリアであり、アテローム性動脈硬化症の進行に関与する。 LDLの表面は、遊離のエステル化されていないコレステロールの大部分を含むリン脂質単層膜と、アポリポタンパク質B-100の単一複写物から構成される。今日まで、LDL表面の生体分子と相互作用するような多種のLDL吸着剤が製造されてきた。その優雅な構造のために、CDはより経済的で効果的なLDL吸着物質の調製のための有望な選択肢であると考えられている。したがって、本研究では溶液中のβ-CDとLDLとの相互作用を動的光散乱、円偏光二色性および紫外分光法により調べた。さらに、β-CDに基づく超分子表面は金表面上の自己組織化膜によって単純に調製された。 水素結合の効果とβ-CDとLDLとの間の相互作用するβ-CDの空洞は、表面プラズモン共鳴(SPR)分析によって特に探究された。 SPRの結果は、そのようなβ-CD修飾表面が良い選択性を示し、ドデシル硫酸ナトリウム洗浄によって大部分再生されることを示した。この研究は、LDLとLDL吸着剤との相互作用、または将来のより効率的で低コストのLDL吸着剤の設計および開発の理解を広げる可能性がある。
参考論文
A Selective and Regenerable Surface Based on β-Cyclodextrin for Low-Density Lipoprotein Adsorption.
Fang F1, Huang XJ1, Guo YZ1, Hong X1, Wu HM1, Liu R2, Chen DJ3.
1 MOE Key Laboratory of Macromolecular Synthesis and Functionalization, Department of Polymer Science and Engineering, Zhejiang University, Hangzhou 310027, China
2 Institute of Textiles and Clothing, The Hong Kong Polytechnic University, Hung Hom, Kowloon, Hong Kong.
3 Medical School, Hangzhou Normal University, Hangzhou 311121, China
Langmuir. 2018 Jun 20
Current Impact Factor of 4.268

Verified by MonsterInsights