STAFF BLOG

応答局面法によるβ-シクロデキストリンの植物機能性成分抽出法最適化

2018.6.12

シソ科植物のライムは、食品の保存期間を延長させるために使用されたり、また、抗酸化能を有する生理活性物質として知られている。本研究では、β-シクロデキストリンを利用して、最大限の抗酸化能を有するピュアなライム抽出物を得るための最適な条件を、応答局面法 (Response Surface Methodology) により測定した。ここで、応答局面法とは、可能な限り少ない測定データを用いて、最適解を求めるための数学・統計的組み合わせ手法であり、近年、食品の製造プロセスの最適化の研究などに適用されている。

応答局面法により算出した最適な抽出条件は、β-シクロデキストリン濃度:15mM、超音波時間:5.9分、温度:36.6℃であった。これらの条件において、ポリフェノールが189.3mg GAE(gallic acid equivalent)/mL、抗酸化活性物質14.84mg GAE/mLを得ることができた。さらに興味深いことに、β-シクロデキストリンを使って抽出された抗酸化物質は、メーラード反応による副産物の形成を阻害することが示された。本知見は、グリーンケミストリーの更なる発展に寄与する可能性がある。

 

参考文献

Optimization of β-cyclodextrin-based extraction of antioxidant and antibrowning activities from thyme leaves by response surface methodology

L. C. Favrea,b, C. Santosa, M. P. López-Fernándezb,c,d, M F. Mazzobrea,b, M. P. Bueraa,b

a Universidad de Buenos Aires, Facultad de Ciencias Exactas y Naturales, Departamentos de Industrias y Departamento de Química Orgánica, Intendente Güiraldes 2160,

Ciudad Universitaria, C1428EGA Buenos Aires, Argentina

b CONICET – Consejo Nacional de Investigaciones Científicas y Técnicas, Godoy Cruz 2290, C1425FQB Buenos Aires, Argentina

c Universidad de Buenos Aires, Facultad de Ciencias Exactas y Naturales, DBBE – Departamento de Biodiversidad y Biología Experimental, Intendente Güiraldes 2160,

Ciudad Universitaria, C1428EGA Buenos Aires, Argentina

d CONICET – Consejo Nacional de Investigaciones Científicas Técnicas, IBBEA – Instituto de Biodiversidad y Biología Experimental y Aplicada, Intendente Güiraldes 2160,

Ciudad Universitaria, C1428EGA Buenos Aires, Argentina

Food Chem., 265, (2018), (86-95).

Current Impact Factor of 4.529 (2017 Journal Citation Reports)

Verified by MonsterInsights