STAFF BLOG

シクロデキストリン(CyD)による揮発性低分子の粉末安定化(第三弾)!

2021.07.29

こんにちは。副社長の石橋です。

各種CyDは有機分子に対して強い包接能を持つため様々な揮発性低分子の粉末安定化に利用されています。今回はエチレンの粉末安定化について紹介いたします。

 

 

エチレンはバナナ、レモン、ミカン等の果物の貯蔵庫にボンベなどで吹き込むこと成熟促進やパイナップルの開花促進のためにフィルムで覆って吹きかけることで利用されています。

エチレン構造式.png

しかし、このエチレンは爆発性可燃物のため利用する際に危険が伴うこと、処理操作が不便であり非常に扱いが難しいことが知られています。

 

そこでこの問題を解決するためにα-CyDの包接化によって安定化した粉末使用が検討されました。

 

水100 mLにα-CyD14 gを溶解し、攪拌装置を有する高圧密閉機に入れて高濃度エチレンを4気圧送入し、室温にて24時間攪拌しエチレンとα-CyDの包接化合物を作製、包接化合物はα-CyD:エチレン=1:0.6 molの割合で含有されている。

 

このエチレンα-CyDを未成熟トマトの成熟に対する日数がどうのようになるか検討が行なわれています。

直接日光のあたらない室内に室温で、内容積1Lの密閉できるふたを有するガラス容器に未成熟の青緑色トマト6個を入れ、エチレンα-CyD包接粉末体0.5 gを入れた場合とエチレンを吹き込んだ場合の熟成に要する日数と無処理試料の熟成に要する日数の差を観測した。

その結果エチレンα-CyD粉末体とエチレンを吹き込むどちらの場合も無処理のものに比べて約4日熟成に要する日数が短かった。

 

 同様にバナナも行なったところ、エチレンα-CyD粉末体とエチレンを吹き込むどちらの場合も無処理のものに比べて約7日熟成に要する日数が短かった。

 

以上のことからエチレンα-CyD包接体にはエチレンボンベを使用してエチレンガスを吹き込む処理と同様の成熟効果があることが証明された。

 

この技術が活用されることで安全で簡易に果物などの成熟促進を行なうことができます!

 

 

今後もシクロデキストリンの機能についてやサイディンでの日常について更新してい

きますので、どうぞよろしくお願いします!

 

【問い合わせ先】

 

株式会社サイディン

 

Email:cyd@cyding.jp

 

TEL:096-371-4862

参考:食品開発者のためのシクロデキストリン入門